Symbolモバイルウォレットでハーベストを設定する

symbol by nem




委任先のノードを選別する

デフォルトの許容委任数は10です。
なので、harvの欄が10より小さいノードや大きな値を設定してありそうなノードを選びましょう。

うちのノードです。
このとき15アカウント委任してる状態ですね。
うちの設定は、そんなに来ないだろうということもあって100にしてます。

あとは、右側のブロック高の欄が緑になっていたらOKです。
ハーベストする確率が高いサーバーなどはありません。
皆、自分のインポータンスで殴り合うのです。

委任ノードに繋がっているノードに変更する

ウォレットが見ているノードが委任したいノードに繋がっていないと、委任先として選択できません。
なので、ウォレットの参照ノードを変更します。

委任先の接続ノードを調べます。
http://[委任先ノードのアドレス]:3000/node/peersに接続すると、そのノードの接続しているノードが表示されます。
うちの場合はhttp://symbol01.harvestasya.com:3000/node/peersですね。

JSONという形式で表示されるので見にくいですが、適当なノードのURLをコピーしましょう。
今回はキツツキさんの所にしましょう。
(接続先は日々変わりますので都度参照しましょう。面倒だけど…)

ウォレットのノードを変更する

右上の歯車を押す。

ノードを押す。

Customタブを選択して、さっきコピーしたノードを入力する。
http://とか:3000は必要だと思う。

これでノードが変更できた。

委任先ノードを設定する

お目当てのノードを選択する。

ハーベスティング開始を押す。

開始ボタンを押すとトランザクションが投げられるので承認されるまで待つ。
ボタンが「有効にする」に変わるので押す。
また、トランザクションが投げられて承認されれば晴れて委任ハーベスター!!

なんだけど、バグなのかリンクされた鍵とか有効化(進行中)出てオレンジ色になる?みたい……?

http://[委任先ノードのアドレス]:3000/node/unlockedaccountで見れるアンロッカーアカウントリストの中に自分の公開鍵があったら、OKです。
うちはhttp://symbol01.harvestasya.com:3000/node/unlockedaccountですね。

大事なこと

インポータンスが0の状態で行うと上手くいかない様なので、0より大きな値になっていることを確認してからハーベストの設定をして下さい。
10,000XYM以上にして6~12時間ほど経過すると上昇するようです。

あと、設定するときトランザクション投げるので少量ですが手数料掛かります。
投げすぎ注意!

公開鍵とかアカウント詳細から見れます。
インポータンスはブロックエクスプローラーで見れます。

私はモバイルウォレットの表示を信じない

XYM手に入れたので自分でやってみました委任ハーベスト。

モバイルウォレットは有効化(進行中)…なんでや……

XEMBookで見ると付いててOKになってる。
モバイルの場合は確認ツールを使った方が良さげ。
ワタシ、モバイルウォレットシンジレナイ。

ちなみに、XEMBookでのハーベスト確認はHTTPSノードのみ対応してます。
今ノード数1000ちょっとありますけど、HTTPSノードは50程度です。

モバイルウォレットは失敗しやすい?

モバイルだとリモートアカウントなどの生成に失敗するのか、たまに不正なパブリックキーとしてノードがリジェクトするのを確認しています(一件だけですが…)。キーを全てアンリンクしてからもう一度やったら成功したとか…

パソコンがある方は、デスクトップウォレットから委任したほうが良いかと思います。
パソコン無い人は頑張るしかないです…
間違っても不特定多数が使える共有パソコンなどではしないように

コメントを残す