Minibianの初期設定




1年以上前に更新された記事です。
情報が古い可能性がありますので、注意してください。

Raspberry PiにmicroSDカード、LAN、HDMI、キーボードを接続し電源USBを繋げば起動します。
ログインプロンプトが表示されたら、
ID:root
PW:raspberry
でログインできます。

Minibianの初期設定

初期設定は、raspi-config を使用すると簡単にできます。
ただ、Minibian には最初から入っていませんので、インストールが必要です。

# apt-get install raspi-config
# raspi-config

項目の選択はカーソルキー。
了解、取り消しの選択はタブキーを押せば選択できます。

パーティションの拡張

「Expand Filesystem」を選択します。
パーティション拡張1

再起動すればパーティション拡張されるというメッセージが表示されるので、エンターキーを押します。
パーティション拡張2

言語等の変更

「Internationalisation Options」を選択します。
Internationalisation Options

ロケーションの変更

「Change Locale」を選択します。
Change Locale
「en_GB.UTF-8 UTF-8」にチェックが付いているので、スペースキーで外します。
「ja_JP.UTF-8 UTF-8」にチェックを付け、OKを選択します。
デフォルトロケーションをどれにするか聞いてくるので、「ja_JP.UTF-8」を選択。
また、日本語が■に化けるので、日本語フォントをインストールする。

$ apt-get install ttf-kochi-gothic xfonts-intl-japanese xfonts-intl-japanese-big xfonts-kaname uim uim-anthy jfbterm

タイムゾーンの変更

「Change Timezone」を選択します。
Change Timezone
「Asia」->「Tokyo」を選択します。

パッケージの更新

パッケージを更新しておきます。

# apt-get update
# apt-get upgrade

Raspberry Piファームウェアの更新

ファームウェアも更新しておきましょう。
rpi-updateで更新できるのですが、Minibian には最初から入っていませんので、インストールして更新します。

# apt-get install rpi-update
# rpi-update

rootのパスワードを変更と一般ユーザーの作成

# passwd root
# adduser hogehoge

Swap無効化

Swap領域を使用されると、遅い上にSDカードの寿命が縮むので無効化する。

# swapoff --all
# reboot

sudoをインストール

sudo も入っていないのでインストールします。
インストール後、先ほど作成した一般ユーザーに sudo グループを追加して sudo 可能にします。

# apt-get install sudo
# usermod -G sudo hogehoge

グループを追加したユーザーでログインしている場合は、一度ログオフすれば有効なります。

Vimをインストール

素の vi は使いにくいので、Vim をインストールします。

$ sudo apt-get install vim
$ vi ~/.vimrc
set encoding=utf-8
set fileencodings=iso-2022-jp,euc-jp,sjis,utf-8
set fileformats=unix,dos,mac
$ sudo cp ~/.vimrc /root

viでvimが起動するようになります。

IPアドレスの固定

サーバーとして運用する場合、DHCP で動的に取得すると都合が悪いので固定します。
色々なサイトで /etc/dhcpcd.conf を編集と記述がありますが、Minibian(Jessie)にはそんなファイルありません。/etc/network/interfaces を編集しましょう。

$ sudo vi /etc/network/interfaces
auto lo
iface lo inet loopback

auto eth0
iface eth0 inet static
address 192.168.1.10 (設定したいIPアドレス)
netmask 255.255.255.0 (サブネットマスク)
gateway 192.168.1.1 (デフォルトゲートウェイ)

DNS は /etc/resolv.conf を変更すれば良いようです。
変更したら再起動しましょう。

Direct firmware load for brcm/brcmfmac43430-sdio.bin failed with errorが出る場合

必要なパッケージをインストールする。

$ sudo apt-get install firmware-brcm80211

一般ユーザーも日本語にする

~/.profile の最終行に

export LANG=ja_JP.UTF-8

を追加する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です