Raspberry PiのCPUクロック数を固定する




1年以上前に更新された記事です。
情報が古い可能性がありますので、注意してください。

アイドル時にアクセスすると、応答時間が1.5倍ほど長くなることがあった。
どうやら、クロック数を上げるのに時間がかかっているみたいだったので、クロック数を固定してちょっとだけ応答時間を短くする。

現状の把握

まずは現状を把握する。

$ cat /sys/devices/system/cpu/cpu*/cpufreq/scaling_governor
ondemand
ondemand
ondemand
ondemand
$ cat /sys/devices/system/cpu/cpu*/cpufreq/scaling_cur_freq
600000
600000
600000
600000

ondemand になっていて、クロック数が動的になっている。
そして、アイドル時のクロック数は600MHz。

scaling_governor などが存在しない場合

cpufrequtils パッケージをインストールして下さい。

$ sudo apt-get install cpufrequtils

クロック数の固定

GOVERNOR=”ondemand” を GOVERNOR=”performance” に変更する。

$ sudo vi /etc/init.d/cpufrequtils
GOVERNOR="performance"
$ sudo systemctl daemon-reload
$ sudo service cpufrequtils restart

確認

performance になっていることを確認する。

$ cat /sys/devices/system/cpu/cpu*/cpufreq/scaling_governor
performance
performance
performance
performance
$ cat /sys/devices/system/cpu/cpu*/cpufreq/scaling_cur_freq
1200000
1200000
1200000
1200000

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です