「後で書き直す」タグで警告が表示されるようにしてみた




書き直し
クオリティまたはユーモアが不足しています。
この記事は書き直す必要があると判断されました。
1年以上前に更新された記事です。
情報が古い可能性がありますので、注意してください。

上記メッセージはサンプルです。

はじめに

その場のノリと勢いで記事を書いて公開しているので、後々見直したときに修正が必要だと思うことが多い。また、基本的に過去の記事の確認は隙間時間を利用してスマホでしているので、その場で修正はできない。いや、できるんだろうけどストレスフル。

見た人にも「あっ書き直す予定なんだ」と分かるので、後で見に来てくれるようになるかな…と淡い期待。
たぶん来ない。きっと来ない。絶対来ない。

コード

    /**
     * 記事上部に書き直し警告
     */
    function hv_article_alert($content) {
        $alertString = '';
        
        if(is_singular()) {
            $postTags = get_the_tags();
            if($this->chkTag($postTags, 'must_rewrite')) {
                $alertString  = '
'; $alertString .= '書き直し<br />'; $alertString .= 'クオリティまたはユーモアが不足しています。<br />'; $alertString .= 'この記事は書き直す必要があると判断されました。'; $alertString .= '
'; } } return $alertString.$content; } function chkTag($postTags, $serchTag) { if($postTags) { foreach($postTags as $tag) { if($tag->slug == 'must_rewrite') { return true; } } } return false; } add_filter('the_content', 'hv_article_alert', 10, 1);

例のごとく、function.phpに記述する。
10~14行目が記事上部に表示されるメッセージとなる。
ここではテーマに付属しいている、メッセージ表示用のショートコードを使用している。

まとめ

こんなの表示したところで、自分用でしかありません。
「あっ書き直す予定なんだ。あとで見に来よっ」とかいう人いません。
ので、これを導入しようと思う人もいないでしょう。

導入したいと思ったあなたは、変な人です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です